北海道の特産品について

酪農について

北海道の牛乳を使った食品はとてもおいしいと全国的にも高い支持を得ており、
そして、それらの商品は今やブランドとしても良く知られています。

その牛乳の美味しさの秘密は、やはり北海道独特の大自然や気候に理由があるのです。


乳製品の美味しさの秘密

他の地域に比べ湿気の少ないカラッとした空気の中、
良い乳を出す牛を育てるために努力は惜しみません。



牧場

そのためにはまず、土作りからはじめ、
その上等な土から育つ牧草、無農薬の穀物などが牛の餌になります。

これらの手間隙かけて作られたおいしい餌を食べ、
北海道の大自然の中でのびのびと体を動かし、育ち続けた牛たちはおいしい乳を出します。

こうした牛たちの最高の遊牧となっている北海道独特の冷涼な気候と、
自然いっぱいの牧草地は、日本の牧場の中でも最も牛の育成に条件のあった場所であり、
これを別名「ミルクロード」と呼びます。


このような最高な牛から出た乳の味はとても濃厚で、かつ甘みもあり、
とてもクリーミーでおいしい牛乳になります。

これこそが北海道ならではのめぐまれたミルクロードを生かして作られた、
牛乳、乳製品、スイーツのおいしさの秘密なのです。


この最高な牛乳はバター、チーズをはじめ、プリンやチーズケーキ、生キャラメルなどにも
ふんだんに使われており、今や全国でも評判のおいしさとなっています。

いまいちこの牛乳の味にピンとこない様であるのなら、北海道へ出向いた際に
一度、牧場のソフトクリームを食べていただくと良くわかると思います。
(札幌近辺でも牧場は結構あります)

その濃厚でクリーミーな味に、きっと魅了されることでしょう。

北海道の牛乳の生産量は全国の46パーセント、約半分を指しています。
つまり、この北の大地は全国で一番の酪農畜産場所ともいえるのです。

農作物について

北海道で採れるおいしい農作物の代表作といえば、
ジャガイモ、トウモロコシ、アスパラ、メロン、豆、結構あります。

そのなかでも、特にメジャーとなっているのが、ジャガイモですよね。

そして、これらジャガイモを始めとして、トウモロコシ、メロンなどを用いて
様々な菓子類も作られており、それらはやはり、美味しいと評判で人気商品になっています。


特に、じゃがポックル(下記)なんかは、代表的な北海道限定のお菓子なので、
北海道外の人にとっては、人気のお土産の一つにもなっていますね。


もちろん菓子類でも美味しいのですが、実は、そのまま食べても調理しても美味しく、
北海道産の農作物の美味しさには、北海道の厳しい気候に、その旨さの秘密があるのです。


北海道産の農作物の美味しさの秘密

昼夜の気温差が激しく、時にはマイナスを記録するという気候の中、
農作物たちは旨みや糖分を十分に根に転流させるよう、急きたてているのです。

そのため、甘みが強く品質も優れたものが出来上がります。


北の大地・・・というか普通の畑

また、スキー場等の雪山が数多くある場所では、春先には豊富な雪解け水が大地を潤し、
農作物を育てるのに、それは大きな良い好条件となります。

そして、「北海道はでっかいどー」と言う言葉のとおり、
広々とした耕作面積を生かし、大規模な栽培や輪作が行われているのです。

これがまさに、「北の恵まれた自然と大地」なのです。


それに付け加え、無農薬などのクリーン栽培といった
手間隙かけた取り組みも盛んで、農作物も一層おいしく育ちます。

これが北海道の農作物のおいしさの秘密なのです。


ジャガイモはでんぷん質をたっぷり含んでホクホクとしており、
トウモロコシは甘み、風味が強く、メロンは香りが良く、甘くてみずみずしい。

これぞまさに、北の恵みが生み出した大自然の旨みです。

海産物について

北海道のかにや魚、ほたてなどの魚介類である海産物は、
身が引き締まっていて、とても美味しいと全国でも評判ですね。

魚は身がぷりぷりとしており、切った身の色も実に鮮やかで、
貝類などは大きく弾力のある食感があります。


北海道の海産物が美味しい理由

こういった状態の良い海産物が獲れるには、
やはり、北海道独特の冷涼な気候が関係しているわけです。

日本でも沖縄や九州などの南の地方の海は、真っ青な色をしていてとても綺麗なのに対し、
北の海は灰色で水が濁っているという印象があります。


それは、海の中に沢山のプランクトンがいるためで、
そのプランクトンを沢山食べて魚が成長していくのです。

さらに北の海は潮の流れも速く波も荒いため、魚たちは一所懸命体を動かして泳ぎます。
そのため、魚の体はひきしまり、油が十分にのった美味しい魚へと育つのです。


代表的な海産物

北海道の代表的な海産物として、ほたて、鮭、昆布、ほっけ、さんま等が主にあげられます。
北海道で獲られているこれらの海産物は、なんと、日本の漁獲の4分の1を占めているのです。

そのため、北海道の名物の中の一つとして、海産物は欠かすことのできない存在です。


これら魚介類はお土産としても人気があり、
そして、それらをチルドなどの生ものとして販売されているものや、
加工されている塩辛などの珍味類など種類も豊富にあります。

これらは、北海道外の人たちからも長い間好評となっています。


これら海産物は北海道の自慢できるおいしい食材の一つでもあります。
機会があれば、美味しさを一度は味わってみて貰いたいです。

あ、ただし、海産物をお土産で購入するのは、なるべく市場で購入して下さい。
空港で販売されている海産物は、市場よりやや値段的に割高です。